« ましろ第20話 | トップページ | 純水アドレッセンス――憧れと好きの違い―― »

ましろ第20話

「ママ、大丈夫だったの?」
私の口からは、それだけがスッと出た。
「車は流されちゃったけど……。それよりも……。」母は口に出すのをためらっているようだった。「死」という字が脳裏をよぎった。一瞬だったけれど、強烈だった。
「パパは?パパに会わなかったの?」
母の話の腰を折ってしまった。私の理性が暴走し、母の話を聞く余裕をくれなかったから。母は首を横に振った。

「『ヤバいかも』ってメールしたのが最後だったの。私は気が気でなくて。」

母は瞳を潤ませながら歩き出す。私も続いた。
 私たちは校門の外に出てからは、一言も交わさなかった。あまりにも受け止め切れない出来事ばかりがふりかかるからだ。

……………切り取り線……………
サイドトーク♪〜θ(^0^ )


この話は一番書くのに苦労しました。絵里奈のお父さんは、水産試験場の研究員です。


理科や社会の模試の復習法で戸惑っています。アドバイス下さい。

|

« ましろ第20話 | トップページ | 純水アドレッセンス――憧れと好きの違い―― »

コメント

理科や社会は計算よりもむしろ暗記や知識の要素が大きい科目ですから,
模試で初めて知ったことをインターネットで調べる等してみるといいかもしれないですね。

投稿: 笹 | 2011年11月 6日 (日) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ましろ第20話:

« ましろ第20話 | トップページ | 純水アドレッセンス――憧れと好きの違い―― »